仮想通貨のメリット

暗号通貨のメリットとデメリット仮想通貨は、匿名で課税されにくい状態で資産を増やせるというメリットがあるとされています。仮想通貨の状態では課税されないですが、仮想通貨で買い物をした場合、仮想通貨を日本円の変換した場合には課税されるようになります。

仮想通貨で20000円利益が出て、15000円を買い物に使った場合はその15000円に対して税率が課されることになります。仮想通貨のまま所持していても課税されないですが、日本円に変換したり、利益を実質得たりすれば課税されます

それでも、仮想通貨の状態で所有していてもいくら仮想通貨を持っていて、その資産がいくらになっているのか明確ではないので、匿名性の高い通貨の代用としての利用価値があります

仮想通貨はFXや株式投資に比べると数倍から数十倍の利益になる可能性があるため、利益率で考えればかなり魅力的です。

保護しにくいのがデメリット

コンピュータやパソコンの知識が少ない人にとっては、仮想通貨のハッキングによる盗難や不正アクセス、不正ログインなどを受けて、仮想通貨を失う可能性があります。

未だに二段階認証しないで仮想通貨の取引をしている人もおり、仮想通貨を乗っ取りによって失った場合には、それが返還される期待は持てません。

個人のアカウントにログインできて、送金依頼を出せるのも個人とされているため、誰かに勝手にログインされて、勝手に送金されてしまうと、どれだけ無罪を訴えても泣き寝入りするしかなくなります。

自己責任で仮想通貨を保護しないといけないので、セキュリティ意識はしっかり高めておきましょう

将来性はどうなの?

仮想通貨はクレジットカードやPaypalにも似たような新しい通貨としての可能性はあります。

デジタル上の通貨としてブロックチェーンを経由して発行されますが、次第に処理すべき暗号配列が長くなり、物理的な処理力が追いつかなくなる可能性のほうが高いため、成長にも限界があります。

一定の数までしか増やせず、アルトコインなども価値に違いがあるため、統一性がなくどうしても物理的な限界があります

普及していけばそれだけセキュリティの割れを起こす可能性が高くなり、投資向け、投資限定の材料として活用するのが近年の仮想通貨に対する認識です。

過信はしすぎずに、仮想通貨の成長を見守るのが無難な仮想通貨との付き合い方で、賢く投資して利益を増やしていってください。