仮想通貨と暗号通貨の違いは?

仮想通貨と暗号通貨の違いとは日本で仮想通貨といわれているものは、英語で「Virtual currency」というようですが、海外では「Cryptocurrency」と呼ぶのが当たり前で、暗号通貨と訳すのが正確です。

厳密には、仮想通貨という大きな枠組みの中に暗号通貨があり、暗号化されている安全に発行及び統制されたものを暗号通貨と呼びます。

暗号に基づかないものでさえも仮想通貨と呼ばれるため、基本は仮想通貨、暗号通貨は同じような意味ですが、海外で仮想通貨のことを伝えたい方は、「Cryptocurrency」を使わないと相当恥ずかしい思いをするでしょう。

日本だけで通じる、かぶれな英語は海外では通じない場合が多いため、海外旅行中に仮想通貨を利用する場合には、その用語を理解しておかないと仮想通貨を利用できるかさえもわからない可能性があります。

取引の安全制を確保するとは?

仮想通貨を取引する時に、複数のマイナーなどが承認を行って、改ざんされていないことを確認し、安全にやり取りできるようにすることが大前提です。

デジタルな情報であるために簡単にコピーされてしまうと仮想通貨としての意味がありませんが、新興の仮想通貨は正確にビットコインの暗号技術を取り入れていない場合があり、穴を見つけられると仮想通貨を改ざんされてしまう危険性があります。

既に仮想通貨は1500種類も生み出されているため、改ざんされてしまうようなずさんな管理下にある通貨も存在しているため、あまりにも名前がマイナーで市場に出回っていないような通貨はむやみに投資しないほうが良いでしょう。

もちろん、そうしたマイナーな通貨こそマイニングで膨大な利益を生み出せるようになるかも知れないので、可能性はゼロではありません。

略称を覚えておこう

ビットコインはBTC、イーサリアムはETHなどと記載されるように、仮想通貨には略称とロゴがあります。仮想通貨で支払いをするような場合にはこの略称とロゴがわかれば、仮想通貨を使用できることも把握できるはずです。

NEMやXEM、NEOなどさまざまな仮想通貨が出てきているので、どれがどれだかわかりにくくなってしまう可能性はあります。事前にその仮想通貨が目的のものかどうかきちんと確かめてからその通貨に投資するようにしましょう。

NEMだと思って投資していたものがXEMだったとなれば、チャートやデータの読み間違いをしているような凡ミスを起こす可能性もあるので、細かい所も十分注意しましょう。