仮想通貨の本質

仮想通貨に必須のハードウォレットとは仮想通貨は基本的にデジタルな通貨なので法定通貨と異なり、まだ生活費の支払いに使用できない上、長く所有するほど価値が上がるか下がるか明確ではなく、無理にお金を投資していると生活を苦しめることになる可能性があります。

コインチェックのように取引所にずっと仮想通貨を預けているとハッキングなどにより仮想通貨を失ってしまうこともあるため、セキュリティ環境が整って安全に取引できるようになるまではハードウェアウォレットを使って自己防衛しましょう。

仮想通貨はデジタル上で盗難にあってしまう可能性がまだあり、法律が整備されていないため、万が一盗まれたとしても泣き寝入りしか方法がない可能性があります。

海外に仮想通貨を移動されてしまって、あとから気づいても法律的にどうしようもない場合もあります。

既にマネーロンダリングなどに利用されてしまった場合は、乗っ取られて失った仮想通貨も法定通貨も戻ってくることはありません

ハードウェアウォレットのおすすめ

はじめて仮想通貨を取引する人はそこまで高額なハードウェアウォレットを持っている必要はないかもしれませんが、ある程度まとまった価値のある仮想通貨を持つようになったら、10000円から20000円くらいはするハードウェアウォレットを選びましょう

一般的に知名度が高いのがLedgerブランドのもので、15800円でハードウェアウォレットを入手できます。ただし、知名度の高い端末はシステムの割れも起こりやすく、ハッキングしようとする犯罪者もそれらの端末の内容や仕組みを調べてハッキングできる穴をついてくる可能性があります。

あまり有名なものよりは、少しマイナーでしっかりと使えるもの、取引所が自身で発行しているハードウェアウォレットを選ぶのもおすすめです。

どんなハードウェアウォレットを使っているか秘密にすること

それぞれでハードウェアウォレットで仮想通貨を管理するのは既に当たり前ですが、中古のもの、ネット通販で公式ストアでないところで購入するのは避けましょう。

また、どこのブランドのハードウェアウォレットを使用しているかTwitterやFacebook、個人ブログで公にしないようにする必要があります。このウォレットには秘密鍵、パスワードなどを保管することになりますが、どんな端末でもやり方を知っていればパスワードはバレてしまいます

特に仮想通貨を扱うパソコン本体、一度でもハードウェアウォレットを接続したコンピュータは他人に触らせないようにし、USBフラッシュメモリなどは絶対に勝手に差し込まれないようにしましょう。