仮想通貨とハードウェアウォレット

ハードウォレットのバックアップはできるの?仮想通貨として有名なビットコインやモナコインなどは、法定通貨の日本円など紙幣や硬貨があるものではないですが、お金と同じような価値がある物としてハードウェアウォレットに保管するのが推奨されています。

仮想通貨のお財布のようなもので、ハッキング被害を最小限に食い止め、ハッキングされにくくするために所有するパソコンや端末からも切り離して保管しておくのを助けてくれるものです。このハードウェアウォレットで管理するのは、仮想通貨の秘密鍵と呼ばれる暗号、パスワードのようなもので、これがあればいつでもどこでも、誰でも、その仮想通貨を利用することができます

この秘密鍵と呼ばれるものは、英数字の羅列で作られるシリアルコードのようなものと考えてしまって良いでしょう。このコードを保管するために役立つのがハードウェアウォレットです。

バックアップは秘密鍵の保管のみ

この仮想通貨は感覚的にはハードウェアウォレットにデータや物として保管することになり、この仮想通貨の保管場所と秘密鍵両方をなすものとして記録され、承認されていきます。万が一ハードウェアウォレットが物理的に破損して使えなくなった場合は、秘密鍵を使って復帰する以外には復元する方法はないと考えましょう。

この秘密鍵を持っていればなんとかバックアップはできるので、この秘密鍵はハードウェアウォレットだけでなく、紙にメモしておくのが一番です。デジタルデータは悪用されてしまうとそのまま復帰するのが難しいため、暗証番号などよりも管理が難しいです。

アナログ管理が一番で、確実に保護するにはかなりの工夫と努力が必要です。

結局紙が一番安全かも

仮想通貨はデジタルな環境のみで成り立つ新しいものですが、まだまだ基盤は確立されておらず、不安定な状況も多いです。利用者が消えていかない限りは存続するはずですが、そこまで急成長するほどの現象は経済規模やその仕組みから期待はしきれず、個人で仮想通貨を所有する場合には自己責任でしっかり守らないといけません

秘密鍵でさえも、パソコンやスマートフォンにウイルスが入ってしまうと漏れる可能性が高いので、万が一に備えてすぐに仮想通貨の保管場所を変えたり、現金に戻して一時的にリスク回避するなどの努力が欠かせません。

ハードウェアウォレットのバックアップはiPhoneやHDDと同じように行うものではないので、秘密鍵は紙などにもメモしておくと無難です。