仮想通貨は乗っ取りや不正に注意しよう

仮想通貨は51%に改ざんのおそれがある仮想通貨で最も人気なのはビットコインですが、後発で生まれてきているアルトコインは、誰がどのように生み出しているのか明確でない物も多いです。全部で1500種類以上あるアルトコインの中には全く信頼できないコインもあるので、そこに法定通貨をつぎ込むのはあまり良いことではありません。

1500種類ある仮想通貨のうち、半分ほどは乗っ取りやアカウント不正アクセス等のリスクが有るため、総合的に51%ほどの仮想通貨にリスクが有るとされていますが、それでもビットコインやイーサリアム、ネムコイン、リップルなどの仮想通貨は比較的安全だと信頼されているため、新しく仮想通貨に挑戦するならば有名どころで行うのが一番でしょう。

アルトコインへの投資は気をつけて

仮想通貨ははっきりと目に見えないという欠点がありますが、アルトコインなどはこれからビットコインのように成長していく可能性があるということで、やはり注目されています。

当然ハッキングや改ざんなどが行われてしまう可能性もありますが、海外の仮想通貨取引所では既に多くの取引所で対策に乗り出しています。アルトコインも、仮想通貨業界全体でもとにかく安全に仮想通貨を使えるように工夫している最中なので、初心者のうちから珍しい通貨に手を出すのは避けるようにしましょう。

アルトコインに投資する場合は、少しでもリスクが低く、多少投資額が大きくなる可能性があっても、安全性とその後の成長率を期待してバランスの良い通貨を選び出すようにしましょう

デジタル世界ではリスクは常にある

仮想通貨に限らず、インターネットを介した取引をするときには少なからずリスクが存在しています。仮想通貨のリスクが大きいのは、そこの法定通貨が流れてしまうためです。金融庁の登録や行政処分が入るのもマネーロンダリングなど、匿名性を利用して良くないことをしようとする人、課税を逃れようとする人が多すぎることを意識してのことです。

仮想通貨に法定通貨が絡まなければ誰もそこにリスクは感じないでしょうが、ネットゲームやブラウザ検索、ブログ運営とはまた別のリスクが多くなっているのが仮想通貨の特徴やデメリットでもあるので、初心者の投資の練習中に、仮想通貨独特の危険を回避できるようにしましょう。

デジタル上のリスクは、インターネットを使用する限り、メールを利用する限りなくならないので、ウイルスソフトの導入や怪しいサイトへのアクセスをしない、クレジットカード情報をむやみに入力しないなどの工夫もしておきましょう。