赤字になってしまった場合

仮想通貨を失った場合にできること仮想通貨への投資をしていて赤字になってしまい、利益確定したら確実にマイナスになるような場合、ロスカットされてしまった場合には、当然所有できる仮想通貨は減ってしまいます。この場合、減ってしまった法定通貨は、どうあがいても取り戻せません。

誰かに盗まれたわけではなく、投資判断を誤って利益が確定するところで決済しなかったのがいけないため、自己責任の範囲内でどうしようもできません。追加で仮想通貨を購入したい場合は、また口座に日本円を入金して仮想通貨に交換するしかありません。

失敗は何度かしてしまうものですが、数回の失敗、投資判断のミスから学習して、同じ失敗や負け方はしないようにしましょう。どうしてもうまくいかない場合は、仮想通貨を投資先にするのは向いていない可能性があります。投資にも相性があるので、お金を失い続けるのだけは避けましょう

ハードウェアウォレットを失った場合

仮想通貨を保管していたハードウェアウォレットを物理的に失った場合は、秘密鍵をバックアップしていなければその仮想通貨は永遠に失われます。秘密鍵を持っていないと他の誰もアクセスすることはできないので、仮想通貨の一部を完全に失い、流通からも消し去ってしまったことになります。

ハードウェアウォレットにはこの秘密鍵が保管されていますが、一定のパスワードのようなものを万が一失ったときのために、紙にメモしておくという方法が無難におすすめです。

一番大切な情報は、皮肉にもバーチャルな世界、デジタル環境に置いておいてはいけません。電気を失えばデジタル世界は維持できなくなり、仮想通貨も何もかも動かなくなります。仮想通貨はあくまで投資先の一つでしかありませんので、安全策を事前にとっておきましょう

ハッキングにあった場合

アカウント情報を即座に変更しましょう。ログインパスワードの変更や二段階認証をする端末の変更などが一番早い変更です。パスワードを変更すれば、ひとまずは不正アクセスされなくなりますが、IDがわかっているとまた狙われる可能性は高まります。

ランダムなログイン試行攻撃でパスワードが割り出されてしまう可能性があるため、IDも同時に変更できるのが理想です。不正ログインであっても、複数回ログインに失敗していると正しい情報でログインしようとしてもアクセス出来ないようにロックを掛けられることがあるので、取引所に直ぐに連絡を取ってどう対処したらよいか指示を仰ぐのもおすすめです。