DMMが仮想通貨に参入!

アダルトコンテンツや3Dプリント代行など、多分野で活躍しているDMMが仮想通貨に参入したのはごく最近のことです。

既に仮想通貨交換業者として登録されており、他の会社に比べて扱える通貨は少ないものの、安全面やセキュリティ面、仮想通貨の定番のサービスなどを網羅しているようです。

初心者、特にDMMアカウント所持者、DMM利用者にとってはかなり敷居の低いサービスで、簡単に始められるサービスです。

もちろん、乗っ取りやハッキングには注意が必要ですが、他社の事件などが起きた後にオープンしたサービスなので、セキュリティ部分は十分それらの経験が生かされているようです。

今後の仮想通貨の取扱種類が増えれば、さらに魅力的になるサービスなので、今のうちから登録しておいて損はないでしょう。

手数料は十分安い

DMMBitcoinにおいて、取引手数料、出金手数料は無料です。レバレッジ手数料は有料で、建玉金額の0.04%が1日あたりかかってしまいます。

それでも手数料は1%にも満たないので決して負担にはなりませんが、年単位で計算したほうが良いので、年間日数365日で金利のように手数料が掛かる可能性があることを理解しておきましょう。DMMBitcoinでも、安全な取引、安全な仮想通貨の保管をするためにはハードウェアウォレットが必要です。

取引所で所有している仮想通貨をきちんと自分のものにするには個人のハードウェアウォレットに移動しなければいけません。この移動には承認のための時間がかかる場合があり、早めに手続きをしておいたほうが良いです。

仮想通貨を持っていても、ハードウェアウォレットに入れていないうちはまだ完全な意味で自分のものとして所有したことにならないので、注意しましょう。

欠点も少しある

初心者向けのサービスということで、仮想通貨の取引に慣れてきたらできることが足りなくなってくる可能性があります。

取引所間での仮想通貨の移動やハードウェアウォレットでの保管の簡潔さ、取り扱える仮想通貨の最小単位など、今後の成長に伴って便利になっていくであろう部分が多数あります。

きちんと金融庁にも登録されていて、安定した運用をしている現在はまだ初心者向けですが、今後玄人向けのサービスやより見やすいチャートに改善されていく可能性はあります。

DMMBitcoinも登録しておいて損はなく、もしかしたら仮想通貨でアダルトコンテンツや3Dプリントサービスを利用できるようになるかもしれないので、DMM関連のサービスは利用しておいて損はないかもしれません。

公式サイトをチェック